忍者ブログ

とりあえず今は、日本縦断。

日本をちゃんと見てみたい。だから見に行くことにしたんです。
スタートは夏、ゴールは冬(予定)。

   
カテゴリー「喫茶店めぐり」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

喫茶店に行こう 2 ~網走の住宅街にてこだわりの豆を提供します



刑務所で有名な街、網走。
この街の中の普通の住宅街の中に、一軒、住宅のように建っているこの店。
名前を「はぜや珈琲」といいます。

夫婦でやっている、小さい、地域密着のかわいらしいカフェ。
幌延の友人ユイカのママからいただいた情報で、この店の豆は本当においしくて上質だということで、今回やってきました。


豆は世界中から厳選した豆。
ブレンドだけでなく、「ケニア」「エチオピア」「グァテマラ」「コロンビア」等々、世界各国のストレートの豆を、豆にあった焙煎方法を用いて、こだわりの一杯を提供している店です。



店は壁側はガラス張りの大きな窓。
自然光のやわらかい光で、小さな店内はのんびりとした雰囲気です。



カップは1つ1つ違う柄なのですが、全て有田焼。
口当たりが柔らかさが気に入ってるのだとか。

そのほか、スイーツと一緒に出すときは小さめのカップを使うとか、
場合によってカップも使い分けています。



コーヒーを飲むだけでなく、豆の販売もやっているし、コーヒー関連の雑貨も販売しています。
シンプルだけどかわいい。素朴でかわいい。
変に気取っていないところがリラックスできる要因なのかも。

オーナーは一見大人しそうですが、実は話好き。
北海道の情報を尋ねたところ、いろいろなおススメスポットを教えていただきました。




はぜや珈琲さん、いろいろなお話ありがとうございました。
いろいろおススメしていただいたので、ゆっくりまわろうと思います♪

喫茶店に行こう 1 ~稚内でいちばん古い純喫茶



稚内の駅から歩いて数分、商店街の入口あたりに、その喫茶店はありました。

何を主張するわけでもない、この街の景色に溶け込んだ昔ながらの雰囲気のある喫茶店、店の名前を「晩香」といいます。



利尻島でお世話になったタカさんおすすめの喫茶店です。
中に入ると、人のよさそうな、小さなお母さんが出迎えてくれました。
その後ほどなく、マスターも帰ってきて、ちょっと話をすることができました。



店の中ではじめに目につくのは、レトロな模様の仕切り。




シンプルなのにあたたかなカウンター。


そしてレトロさの最大の要因は、店内で統一されている、このランプ型の照明。

とても年季の入った、雰囲気のある店内。
それもそのはず、ここは稚内でいちばん最初に作られた純喫茶なのだそうです。


この店をひらいたマスターは、もともと稚内の人ではありませんでした。
彼はパイロットの夢に破れ、航空自衛隊の隊員として、18、19の頃に初めて北海道へやってきました。
任期を終え、これから何をやろうかと考えたところ、思いついたのは純喫茶。
この時代、稚内は本当に何もない漁師町で、店といえば漁師たちが夜に一杯やる居酒屋だけ。
若い人たちが立ち寄れる純喫茶を始めようと思い、この店をつくったとのこと。



気さくで話好きのマスター。


当時「カニ族」と呼ばれていた若者たちがいます。
これは、現代で言えば、いわゆるバックパッカーです。
彼らは若い故、当然車を持たず、国内を国鉄(今のJRですよね)でまわる、貧乏旅行を敢行しており、彼らの行く先は、日本の秘境。
そのため、稚内などは「日本最北端」として多くの若者がリュックサック一つで訪れる地だったそうです。

さて、マスターが店をはじめてから、彼は稚内の駅長さんにある話を持ちかけられました。
ちょうどこのカニ族が多くいた頃、稚内へ夜行で来た若者たちが、フェリーの時間が遅いため、雪の寒い中、駅で長時間待たなければならないという事態が起こっていたのです。
見かねた駅長さんは、友人だったマスターに言いました。
「店を早朝からあけてほしい」と。

それ以来、この「晩香」は、朝6時から開いています。
カニ族が消滅してしまった今も変わらず、早朝開店を続けているのです。


そんなマスターの店、「晩香」。
名物料理は、これなのです。


じゃーん。
鍋焼きうどんです。

開業以来40年、使い続けているこの鍋には、40年分の出汁の旨みが染み込んでます。
真夏に食べましたが、本当においしかった。


でも、なぜ喫茶店で鍋焼きうどんか?
それはマスターが、「スパゲッティーが嫌い」だから。(◎Д◎)

「これはおれの得意料理なんだよ。得意だからメニューにあるんだよ」
自衛隊あがりのちゃきちゃきお父さん。シンプルな理由に好感が持てますねー。

その他にも、おじやとか、カレーうどんとか、ちょっと喫茶店としてはユニークなメニューがありますが、どれもきっとおいしいのでしょう。

もちろん、コーヒーもおいしかったです。
喫茶店の王道、ミルクセーキも飲ませてもらいました。これも美味。
「当たり前だよ。この道40年のミルクセーキだよ」


ごちそうさまでした。
マスター、楽しい話をありがとうございました。
  

現在地

今は、大阪府高槻市、実家に帰ってきました。
場所はおおよそです。 また、更新状況により実際の位置と異なる場合があります。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[12/30 トルマ・アーギ]
[10/04 木下っす]
[09/29 木下っす]
[09/24 tomi]
[09/18 木下っす]

プロフィール

misakicska
女性

ブログ内検索

工事中

PR
Copyright ©  -- とりあえず今は日本縦断。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]